マンションを売却する時に気をつけた事

静かに暮らせています

マンションを売却する時に気をつけた事 | 【売却の窓口】

購入したマンションが気に入らず、売却へ : 静かに暮らせています

内見に来てくれた人に正直に伝えるだけでは、気に入ってもらうことは出来ないと思ったので、他の部分で気に入ってもらうしかないと思えば努力をしないわけにはいきません。
少しでも気に入ってもらえるように、家の中をピカピカに磨き上げ、明るい印象を与えられるように窓からしっかり光が入るように模様替えもしました。
古くなった家具などは処分して部屋が広く見えるようにし、部屋自体の印象も良くするようにしたのです。
それから何組か内見に来てくれる人達がいましたが、正直に騒音の事を伝え、しかし駅からも近くて便利なこと、買い物に行くにもとても便利だという事を伝えるようにししっかりアピールしました。
内見に来てくれるという事は、それなりにこの物件が気に入ってきてくれていることに間違いありませんので、出来るだけイメージを下げないようにしなくてはなりません。
中には騒音の事を伝えると、ストレートに大幅な値引きをしてくる人もいましたが、出来るだけ高く売りたかったのでなかなか売却をすることが出来ませんでした。
しばらくどうするか悩みましたが、もう一度周囲の相場などからも考えるようにし、値段の見直しもしながらいい購入者が見つかるまで待つ事にしました。
それでも売れなければ諦めて住み続けようとも思っていましたが、縁というのはあるものです。
値段を下げてからしばらくすると、気に入ってくれる人が現れてとんとん拍子で話が進んでいき、マンションを売却できるようになりました。
騒音の問題も納得してくれた上で購入してくれることになったので、その後のトラブルの心配もありません。
一時は我慢して住み続けるしかないのかとも思いましたが、諦めなくて良かったです。
今は静かな環境で暮らせるようになり、音に悩まされる事もなくなりました。
悩みの種になっていることを解決する事によって、穏やかな日々がおくれるようになりましたので、思い切って売却する事にしてよかったと思っています。